訪問看護

ホーム > 訪問看護

訪問看護とは

病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、訪問看護ステーションから看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

サービスへの取り組み

  • 看護師・リハビリスタッフは、病状や療養生活を見守りながら、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応(看護師のみ)し、在宅での療養生活が送れるように支援します。
  • 医師やケアマネージャーや関係機関と連携をとり、様々な在宅サービスの使い方や療養生活でのアドバイスを提案します。

慢性心不全看護認定看護師が在籍しています 慢性心不全看護認定看護師が在籍しています
心不全患者さまの不安なこと・暮らしの様子などをお聴きし何に気を付けたらよいのか一緒に考えさせていただきます。 心不全患者さまの不安なこと・暮らしの様子などをお聴きし何に気を付けたらよいのか一緒に考えさせていただきます。
はじめまして。慢性心不全看護認定看護師の和泉弥生です。
心不全は症状がよくなっても病気が完全に治ったわけではなく、再入院を繰り返すとだんだん悪くなる病気です。再び悪化させないためには生活習慣を見直し、健康管理を継続することが重要です。
住み慣れた家で安心して穏やかに暮らしていけるよう、不安なこと・暮らしの様子をお聴きし、何に気を付けたらよいのか一緒に考えさせていただきます。心不全患者さまの在宅療養にあたってお困りのことがありましたらお気軽に当ステーションまでお問い合わせください。
もっと見る

訪問リハビリとは

訪問リハビリは、在宅での生活に不安を抱えている方々の自宅にリハビリスタッフが訪問し、日常生活や社会参加の向上を図ることで、利用者が安心・安全にその人らしい生活を送れるように支援をしていくサービスです。病院とは違い、実際の生活場面に即した訓練や環境調整を行うことができます。

サービスへの取り組み
利用者の状態や希望に応じ、担当のリハビリスタッフが練習メニューを考案します。
例)関節の運動、筋力トレーニング、歩行練習、バランス練習、認知症への対応、福祉用具や補装具の提案、日常生活のアドバイスなど

ご利用方法

STEP01
STEP01
申し込み
  • ・かかりつけ医、または担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)にご相談下さい。
  • ・かかりつけ医のない方は、直接当ステーションへご相談下さい。 >お問い合わせはこちら
STEP02
STEP02
指示書の交付
  • ・当ステーションが、かかりつけの医師と連絡を取り、指示書の交付を受けます。
STEP03
STEP03
利用開始
もっと見る

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ
ツカザキ訪問看護
ステーション網干
TEL.079-272-8664 TEL.079-272-8664
ツカザキ居宅介護
支援事業所網干
TEL.079-272-8663 TEL.079-272-8663
メールからのお問い合わせ
フォームに沿ってご記入ください お問い合わせ